orgasmcontrol

オーガズムのコントロール

 

オーガズムの現象に関する研究

 

オーガズムの現象に関する研究が始まったのはつい最近のことです。研究開始後間もなくオーガズムは大きな快楽だけでなく健康を保証するものであるということが発見されました。女性の身体はオーガズムを感じている際に免疫システムを改善するテストロステロンとエストロゲンという物質を集中的に分泌し、その結果病気の発生が低下し、より長い間若く活動的でいられるようになります。定期的にオーガズムに達する女性はアルツハイマー病が20%、乳癌と子宮頸がんは15%、心臓病は13%、心筋梗塞は10%、そうでない女性に比べて発生リスクが低いとされます。これはオキシトシンや脱水素エピアンドロステロンなどの物質を体内で生産することに起因します。

 

大半の女性はオーガズムに達することができない

 

しかし大半の女性はオーガズムに達することができない多くの問題を抱えています。それ故男性は例えば女性がオーガズムを感じるのに充分な時間を与えるように自分のオーガズムをコントロールすることが極めて重要です。

オーガズムをコントロールすることは、セックスの相手の男女によってオーガズムに達することなく高度な性的興奮を統制する性的なテクニックです。

人は性行為から得られる快楽を長くさせるためにオーガズムをどうしたらコントロールできるかを熱心に学びたがります。この考え方は積極的なパートナーは受動的なパートナーを手で刺激するだけでなく、一般的なワギナへの挿入行為やオーラルセックスや様々な性具を使用等の方法でパートナーの性的興奮を高めることが可能なので誤った考え方です。

男女双方が自慰行為や非刺激的な相互自慰行為によって自分のオーガズムをいかにしてコントロールできるかを学習可能です。

更に自分の感覚の高まりを低下させるのが上手くなればなるほど、自分のオーガズムはより強く印象に残るものになります。これを一番上手くするにはどうしたらよいか秘訣が幾つかあります。

第一に性行為中に仕事ややり終えてない事柄などに思考を集中することです。二番目は自分がオーガズムに達しそうになったが相手はまだ少し時間が要るという場合には、ピストン運動を数秒間停止したりペニスをワギナから抜いて別の方法で愛撫をすることです。

更に、ペニスのワギナへの挿入後男女お互いが動かないという「カレッザ」という挿入方法を取ることもできます。こうすれば最低限の努力で一種の精神的オーガズムを達成できます。

オーガズムを遅らせるにはもっと多くの方法があり、これらの方法は際限なくパートナーと試してみることが可能です。それでもパートナーと同時にオーガズムに達することができなかったとしても、何一つ悪いということはありません。更にパートナーを歓ばせたいと思うのならば、あなたにとって最大の手助けは優しさと気配り・配慮だということを銘記しておくことが重要です。