sexandhealth

セックスと健康

 最近、研究者は、職業や所得より性行為のほうが男性の平均余命に影響を及ぼすということを発見しました。数多くの研究によれば、定期的な性交は人の健康に好ましい影響をもたらします。さて、積極的な性生活のすべての利点を並べてみます。

セックスの利点

 1.    週3回以上セックスをする男性の間で、脳卒中や心臓発作のリスクが3倍低いです。一般的に、積極的な性生活を送る男性は心血管疾患リスクがかなり低くなります。
2.    セックスは気分を向上させます。心理的起源の満足感を得るためだけではありません。オーガズムを達成する前にホルモン『オキシトシン』のレベルが5倍上昇し、エンドルフィンが分泌されます。
3.    週に2回以上セックスする場合には、免疫グロブリンAが30%増加するため免疫システムは追加支援を与えます。さらに、定期的に性的交渉を持つ人の血液は他の男性の30%以上の抗体を作り出しますので風邪を引く確率は減少されます。産生された抗体は、感染症と戦うために役に立ちます。
4.    嗅覚が改善されます。性交後、ホルモンプロラクチンは血流に放出されます。プロラクチンは(嗅覚の中枢にあるのを含めて)神経細胞の発達を刺激します。
5.    さらに、エンドルフィンは鎮痛効果を持つので痛覚が低下します。偏頭痛と戦うためにも助けます!女性は少なくとも週に1回性交を持つ場合、性交はエストロゲンを合成し、月経前症候群による痛みに対処するのに役立ちます。
6.    性行為は、膀胱の機能を改善させます。性行為は膀胱の筋肉体操の一種です。このような体操は、膀胱炎のような、様々な疾患を避けるために役立ちます。
7.    前立腺の状態が改善させます。射精時に、多くの発癌物質が男性の血液から抽出されます。その後、発癌物質が精子と一緒に体内から排泄されます。このように、発癌物質は、頻繁にセックスをしている男性の前立腺に実質的な害を及ぼす時間がありません。性的禁断の場合には、前立腺がんのリスクが約30%増加します。
8.    定期的な性的行為は、体重を減らすのに役立ちます。性交中に、およそ15分のトラック上に走ることと同じ、カロリーの数を燃やします。20分の性交で200カロリーが消費され、スイミングプールで泳んだ30分にほぼ等しいです。
キスは90カロリーで、オーガズムは25カロリーを燃やします。オーガズムのシミュレーションは160カロリーを燃焼させます!さらに、性行為は臀部・腕・骨盤・大腿部の筋肉を強化させます。
9.    歯の状態も改善されます!科学者たちは、人々の大半はセックスをする前に歯を磨くことを認めます。これは歯科医に頻繁な訪問を回避するのに役立ちます。
10.     性交時に血流に放出させるテストステロンは運動器官に好影響を及ぼします。
11.     性交は、心血管疾患を診断する手段であることができます。例えば、勃起不全は、罹患血管・高血圧・糖尿病などの疾患の徴候である可能性もあります。
12.     定期的な勃起は、精子の再生を促進し、その運動性を促し(PSA[前立腺特異抗原]のため)、精子の輻輳を回避させます。
最愛の人との性交の利点はすごいですね!
 恐らくは、科学者たちは定期的な性的行為のより多くの利点を見つけるということになりそうだ!性交は、極めて快適な活動であるだけではなく、驚くほど健康に良いものであるという結論を得ることができます。


 

バイアグラ・レビトラ・シアリス購入する