sex_stereotypes

セックスに関するステレオタイプ

 

21世紀のセックスに関するステレオタイプ

 

一般の考え方と事実

 

ステレオタイプとは抱く者には気持ち良いものである。それによって全ての事柄がはっきりするからである。一方で科学者は一般的なステレオタイプに関して反論を唱える。最近の科学者の発見について検証してみよう。

一般の考え方:最近の女性は母親よりセックスの経験が豊富だ。

 事実:最近の女性は祖母の若い頃よりセックスに対して興味が薄い。

英国の科学者の研究によれば現代の多くの独身女性の優先順位は仕事、キャリアの次がセックスと家族となっている。

 

女性の意識の転換点は80年代に起きた。それ以降現代女性はキャリアや生計、家族に関する問題を同時に解決する必要が生じた。彼女らにとってセックスはどういう意味があるのだろうか?

*****

一般の考え方:主婦は性的欲求がない

事実:女性は主婦業を続ければ続けるほど性的欲求が増加する。

英国の社会学者達は1日に最低I時間家の掃除をする主婦は1日に最低1回セックスをすることを発見した。更に家政婦を雇っている女性はセックスをするのに十分な時間がなく、その75%は週1回以下しかセックスをしない。

 

*****

一般の考え方:奇麗な下着は男性を悩殺する。

事実:男性は下着に気づく時間がないこともある。

繊細なストッキングは性欲ではなく美的感覚を刺激する。

*****

一般の考え方:セックスは人間を賢くはしない。

事実:では人はどうしたら賢くなるというのか?セックスは脳内で刺激を増やす。

オーストラリアの科学者達はセックスには効用があると主張している。クイーンズランド脳科学学会はセックスを身体運動だと分析した。セックスはオーガ二ズムを達成するのを助長し、脳を活性化する新しい神経細胞を供給しアルツハイマー病やパーキンソン病の予防につながるということが判明した。

*****

一般の考え方:夫は退屈な妻を捨てる

事実:妻が夫を捨てる方が2倍多い!

妻は夫の不誠実さに長い間我慢するが一夫一婦制に疲れてしまうと、自分の人生には何かが無いので全てを急いで変えなければと悟る。

*****

一般の考え方:背が低くがに股の男性が一番セックスが強い。

事実:がに股が全てではない。

胸毛や禿頭、身長170cm以下、短足あるいはがに股は“情熱的な夜”の保証にはならない。これらの特徴は人間の欲求とセックス能力の証ではあるが、セックスの質には残念ながら考慮されていない。