Historyofviagra

バイアグラの発明

  バイアグラは勃起不全(ED)の治療薬です。ホスホジエステラーゼ5阻害薬の一つです。バイアグラを服用した後、性的刺激の際、血管は拡張して勃起が起こります。

  バイアグラはファイザー社の 薬学研究の結果として発見されました。1992年、イギリスのイングランドにあるサンドウィッチ村である科学者がクエン酸シルデナフィル物質を試験していました。クエン酸シルデナフィルは、心筋への血流を増加させることにより、血圧に影響を及ぼすことが予想されました。結果は当初の期待と違いましたが、臨床試験に参加した大半の男性が勃起の顕著な改善に気付きました。

  このようにして偶然にバイアグラという有名なED治療薬が現れました。バイアグラの名称は Vigor(強力、パワー)と Niagaraの二つの単語の融合です。

バイアグラの歴史

  1993年、同社はバイアグラの特性を確認するために、長期的な臨床試験を開始しました。18~60歳以上の男性の3000人が、バイアグラの作用を体験しました。その後すぐに、勃起不全を克服するバイアグラの高効率が証明され、1998年3月にバイアグラの使用は、米国務省食品医薬品局(FDA)のによって承認されました。

  患者が医師に悩みを相談する際に、患者に与える違和感を低減するために、ファイザー社は「勃起不全」の用語を耳に心地良い「ED」の用語に変更することを決めました。勃起不全と戦うという目的で、市場の薬を得るために多くの労力を費やす必要がありました。主な問題は、その頃は、アメリカだけでも勃起不全に悩む男性の30万人以上がいたものの、社会はまだそのような問題に関して率直でかつ詳細な論議の準備ができていなかったということです。

  バイアグラの開発は、多くの男性が自分たちの生活を変えるのに役に立つようになりました。それにもかかわらず、バイアグラは、セックスライフを多様化するための薬ではなく真面目な治療薬であるということに留意すべきです。あなたが若くてエネルギーに満ちて、性的問題が全くない場合、バイアグラを服用しないほうがいいです。バイアグラは疾患を治すために副作用や禁忌がある深刻な薬であるからです。それ故に、服用前には慎重に説明書をお読みください。

バイアグラについてもっと詳しく