oralsex

口腔性交

オーラルセックスはセックスパートナーの性器を口や舌で刺激することを含む性行為の一種である。

オーラルセックスに関する最初の文献は紀元前30世紀に遡ったエジプトの文献の中で見られる。

しかしオーラルセックスは必ずしも手軽に楽しめる性的快楽ではなかった。1012年にドイツの大司教がオーラルセックスは女狐の罠であり、これを行う者は裁判にかけ火あぶりの刑に処すと布告した。

現在では世界の大多数の国の法律はオーラルセックスの実行に関して法律で規定してはいない。しかし一部の国ではある種のセックスに関しては歴史的な背景を基にした禁止事項が存在する。例えばインドネシアではオーラルセックスは禁止されているが、違反しても告訴されることは稀である。アメリカの一部の州では2003年までオーラルセックスは違法だったが、一般的にはこの法律はもっと重い性的犯罪で告訴された人間の罪を更に重くするため目的の為だけに執行されていた。一方シンガポールではオーラルセックスに関する態度は完全に異なり、10年間の禁固刑か10,000ユーロの罰金刑に処せられる。

昔はタブーであったオーラルセックスの話題は今では頻繁に雑誌の頁で語られるようになり医学的社会学的調査の対象となっているしかしながら多くの人々、特に女性は未だにオーラルセックスを性的倒錯とまでは言わないまでもある種の変態と信じている。本当にそうであろうか?

事実はオーラルセックスはお互いが自発的に望むのであれば、カップルの正常な性生活の快楽の形であるだけでなく健全な現象である。

社会学者はオーラルセックスを定期的に実施するカップルはケンカの頻度が少なく、一緒に過ごす時間が長いと主張する。伝統的なセックスだけを行うカップルはオーラルセックスも行うカップルに比べて別れる確率が7倍高いとされる。このようなカップルは熟睡ができ、性的な夢の中でお互いを見る。対照的にオーラルセックスがタブーのカップルにおいては、男性は性的な夢の中で自分のパートナーではなく全く別人のセクシーな女性を見る。

 

更にオーラルセックスの心理学的な価値は、男性にとって特に重要なことだが健康にも貢献するということを認めるべきである。医師はフェラティオの女性の健康への利点を強調している。

オーラルセックスは唇の末端神経の刺激の過程で身体の器官でリラックスできるオキシトシンというホルモンを分泌するのでストレスを和らる。

アメリカの科学者は精液には歯のエナメル質を改善する亜鉛やカルシウムに加えて、歯肉を強くする物質が 含まれていることを発見した。オーラルセックスを週2回すれば女性の歯科治療をしなければならないリスクを40%低下させることが可能だ。女性が射精の際に精液を飲めば、乳癌のリスクは40%低下する。考えるに値する事実である。

フェラティオをしている間に女性の身体器官はパートナーのDNAを吸収し、妊娠の差異には胎児が子宮壁に密着する機会を増す。同じパートナーの精液が女性の身体器官に定期的に進入すると、免疫システムが働き父親になるべき男性のタンパク質を別の人間と認知しなくなり結果として受け入れを拒否しなくなる。

精液に含まれるアミノ酸と脂質は、身体器官がストレスから生じる潰瘍のような胃病や大腸炎、胃炎などの病気と闘うのを助ける。

フェラティオは減量にも効果がある。

26分間フェラティオをするのは、ピザを食べたのと同じカロリーを消費すること等しい。

更に精液には女性の体内に入ると女性ホルモンの分泌を促進する前立腺ホルモンが含まれている。これは女性の髪や肌の状態を良くし尻や乳房を丸くする効果がある。

クリ二ングスはフェラティオが女性にとってそうであると同じように男性の健康に効果がある。クリ二ングスをする過程で男性は口の粘膜を通して有用なホルモンを吸収し、これらのホルモンは男性の勃起に好ましい効果がある。更にクリニングスをすることは若返り効果がある女性のフェロモンを 吸収する。又、男性の身体器官は免疫システムや心臓の脈拍や血液循環を改善する酵素も摂取することになる。