AgeDisparity

年齢による差と性行為

 

ことわざに「愛は年齢には勝てない」という言葉があります。

 

これは真実ですが、一方どの年齢においても人生の変化に応じて愛情への期待は変化していくというのも事実です。年齢に応じて人生への期待や外観が異なるのは、極めて自然なことですがしばしば別離につながる男女間の衝突を起こします。

一般的に配偶者の年齢差は夫が妻より3-5歳年上なのが最適と考えられていますが、個人差があるので統計で自分の幸福を否定するような結論を出すべきではありません。

 

違った角度で考えてみましょう

 

例えばある男性が妻よりかなり年上だったとします。このようなパートナーの争う余地のない長所は彼の経験です。一般的には彼はセックスに関するものを含めてさまざまなコンプレックスから大分前に解放されており、女性への正しい接し方・誘い方や関心の表し方を知っています。 同時に彼はそんなに固執しません。 固執するような男性は若い妻を自慢します。このような年齢差がある場合の問題は、男性の人格形成が大分前になされており、結婚当初は相手に合わせようと努力するものの、修正は現実的には不可能だという点です。おそらく彼には特別な趣味や嗜好や余暇の過ごし方が既にあります。 それ故このような場合の女性の最良の選択は、お互いの神経を無用に刺激しないように彼のありのままに受け入れることです。更に年齢どうしようもないことで、彼が20歳のごとく情熱的でいて欲しいと思うのは無駄なことだと銘記するのが肝心です。

女性が男性より年上の場合はどうでしょう。性科学者達はこの場合理想の年齢差は5-10歳と考えています。

男性が20歳か25歳ならば幸運です。なぜならばこの場合彼は性生活の絶好調時にあり、同じく性生活のピークにある女性の性的欲求に応えることが可能だからです。このような場合は男性は経験豊富なパートナーを得られます。更に彼女は人生経験が豊富なので些細なことにこだわりません。このような関係は彼女が若い男性の要求を満たすために努力する動機がもう一つあるので女性にとって好ましいことです。更に彼女は活発な性生活を手に入れます。若々しくいるための一番の方法は若い情熱的な恋人を見つけることだと多くの女性が主張しています。 男性にとって問題なのは女性が20代の時より外見が若々しくないとい点です。また暇なときに彼に付き合うのも難しくなります。ナイトクラブは昔十分に行ったことがあるに違いないので、今はきっと素敵なリゾート地や長距離の山岳自転車ツアーの方を好みます。男性の若い年齢も女性に問題を起こすこともあり得ます。たいがいは自分より若い女性の注目の集める彼と一緒にいると、女性は自分の魅力が薄れ始めたことに自信を失いコンプレックスさえ抱くようになりがちです。しかも若い男性は人生においても成熟した女性の期待に応えることは望み薄です。

 

パートナーの双方が若い場合。

 

若いカップルの場合ケンカや別れや誤解というのがごく一般的な印象ですが、一方では活動的な人生や貴重な経験を共に積み上げて行ける点や。お互いに尊敬し合っていつくしみ合えば長い余生が今後もあることなど良い面も多々あります。

 

お互いが熟年の場合

 

このようなカップルには多くの落とし穴があります。若い頃から一緒にいる場合はお互いに新鮮さがなく退屈だからです。 又、結婚の別の「喜び」や幸せを追い求めるて「熟年夫婦危機」のリスクも高いものです。しかし、楽観的に考えれば多くの利点もあるかもしれません。例えば長年夫婦として一緒に生活すれば困難を乗り越えてお互いに思いやる気持ちで何とかやって行けたということが考えられます。