LackofPassioninSexualRelationships

パートナーとの性欲減退

女性が参加するフォーラムでは「私のパートナーはもう私を求めない」という不満の声をよく聞きます。

「夫と私は既に10年間暮らしていてお互いに本当に愛し合っているが、もうセックスはしていない」 性欲は夫婦間でそれがノルマとして考えられた場合は減少するという話もよく聞きます。

 

夫婦間の性欲減退の原因は何でしょう?

 

これは回避できるものなのでしょうか?克服できるものなのでしょうか?

 

あるいは、ただ我慢しなければならないような避けがたい悪魔のような存在でしょうか?

 

一緒に暮らすということは満潮と干潮のある海のようなものです。 永遠に続く素晴らしく大きな幸福を得られないというのは極めて自然なことです。痛みや辛さや喪失感を感じないで済むとしたら、きっと素晴らしいに違いありません。しかし残念なことに、夫婦が自分たちの関係を保とうとお互いに努力しなかったら、感情面で“引潮”が結末になることもあります。

セックスにおける調和は夫婦生活で重要な役割を果たします。しかし、夫婦が常に家庭内の問題に直面し意見の相違を乗り越え、増えていく苛立ちを抑えなければならない場合は、この日常生活での調和を保つことは極めて困難です。次第に夫婦間のロマンティックな雰囲気は薄れて行き、避難やけんかが目立つようになります。パートナーの自分への興味を保つことが間違いなく必要です。これは自分自身に興味を抱き大切にし 、一言でいえばある種の関心を持ち続けなければならないということを意味します。

夫婦がロールプレーゲームをしたり、セックスショップに行ったり、エキゾティックな外国に旅行したりして常に家庭生活に変化を加えようとするのは素晴らしいことです。夫婦が素晴らしい経験を共有するのは、日常生活のプレッシャーに抗ってお互いの感情を大事にすることの助けになるので幸福な夫婦生活には大変重要なことです。

夫婦がロールプレーゲームをしたり、セックスショップに行ったり、エキゾティックな外国に旅行したりして常に家庭生活に変化を加えようとするのは素晴らしいことです。夫婦が素晴らしい経験を共有するのは、日常生活のプレッシャーに抗ってお互いの感情を大事にすることの助けになるので幸福な夫婦生活には大変重要なことです。

しかしもっと大切なのは、あなたの相手が自分にとってどんなに貴重な存在か、彼/彼女を見つけるのにどんなに苦労したか、自分一人になったらどんなに辛いことかを忘れないことです。しかしいつでもこれを覚えておくのは 不可能です。私達は 誰かを心から愛していながら、不要な非難や苛立ちや声を荒げることが自分の相手への気持ちを強くはしないということを忘れがちです。少なくとも自分の発言をコントロールし怒りを抑え寛容の心を持つことが大切です。怒りを抑えるというたった3語の言葉ですが実行するにはそう簡単ではありません。しかし、これらの貴重なことを幾つか学ぶだけで愛する人との人生は容易くなるだけでなくもっと楽しいものになります。ある状況の下で黙っていることができることは大変貴重な能力で、多くの困難を乗り越える手助けとなります。ピタゴラスですら「怒っているときは喋ったり行動するべきではない」という結論に達しました。 残念なことに我々は簡単にできて相手がとても喜ぶ些細な喜びにほとんど注意を払いません。 例えば特別な機会に送る花束、好きなケーキ、彼の好きな俳優主演のアクション映画や彼女がカタログで〇をつけていた指輪・・・などがそうです。これは全然難しいことではないのに、結婚生活に花を添えてくれます。