sexualtaboos

性的タブー

 

ポリネシア語から由来したこの言葉は宗教的な禁止を意味していました。時間が経つにつれて、この単語は人間の意識に危険を伴うある行為、物に対する様々な禁止を示すようになりました。 

 時代が変化していくにつれて、タブーも変化します。先史時代において、社会の安全性を考慮して、近親相姦がタブーになりました。タブーは現代社会にも存在しています。

 

現在社会における性的タブー

 

しかし、現在社会にあるタブーは安全性と関係あるのでしょうか。また、別の原因はあるのでしょうか。

 60年代の性的革命によって多くのタブーがタブーではなくなりました。今まで不適切だとみられていたことがトークショーやバラエティなどで熱く語り合われるようになりました。一般的にタブーは社会によって決定されるものですが、人にはそれぞれ個人的なタブーもあります。社会のタブーと個人のタブーにもある程度の差があります。社会は性的なタブーとみなさない、多大な危険を及ぼすタブーだけが今の世の中に残っています。個人的な性的タブーは自分の経験や不安や教育などに基づいて、現れたものです。それはよく人間の劣等感によって引き起こされます。このように、特定の行為をタブーとする前に、その理由を知っておく必要があります。

 

私達はよく周りの人に嘘をつたりしますが、実際は自分を守るために、自分自身に嘘をついていることもあります。 

例えば、Aさんは一般的な性交が好きで、それ以外のあらゆる性交は汚いというイメージを持っています。デリケートな自分が不潔な性交をすると、自分も汚れてしまう気がする人もいます。しかし、それはただ劣等感の一つに過ぎません。

劣等感はあなたの人生を台無しにする恐れがあります。劣等感によって、人生の全ての喜びを味わうことができなくなります

また、性的パートナーにも嫌な思いをさせることもあります。性交に不満があるあることで欲求不満となる可能性もあります。

お互いの関係において誤解が生じることもあります。例えば、自分の姿を恥ずかしいと思った女性が相手に電気を消してなどのお願いをすると、相手は逆に、自分がいけないからそんな頼みをされると思いがちです。

ですから、自分の劣等感を乗り越えてみましょう。相手にパートナープレイなどを勧められたら、劣等感関係があるかどうかよく考えてから、決断してください。

性的なタブーは必ずしもコンプレックスのことを示しているわけではありません。例えば、見知らぬ人との性交をするタブーは命を守ることが出来ます。

身の安全を考えて、なるべく制限のない性交をお楽しみください。