sexualAbstinence

性的禁欲

性的禁欲は人の健康に好ましい効果があるという偏った見方がある。事実として長生きをする人の中には禁欲している僧侶が含まれる。反対に長い間禁欲をすることは健康に有害なのだろうか?ここで全てを整理してみよう。

性的な禁欲は我々の日常生活の至るところで起こり、例えば配偶者とのけんかや兵役愛する人の不在など主義ではなく強いられた状況であることもありうる。 

心理療法学者と性科学研究者達は性的禁欲は健康に危険で、特に女性がその影響を受けると主張している。これは大部分の女性が見知らぬ男性と性的関係を持つのは自分の価値を低くするので、永続的なパートナーでなければ性的関係を持つことを拒むという事実と関係がある。一方男性はこの点に関してそれほど問題がない。

長期間 の性的禁欲が健康に与える影響は男性と女性では異なる。男性の場合は主に女性の間に多く見られる心理的な問題が起きる。女性の性格は一般的にはいつもより怒りっぽくなったり極端な判断や非難をしがちになるなどの変化が生じ始め、最悪の方向に向かいがちである。

最初は性的禁欲は女性の性的衝動を増すが、ある程度時間が経過するとこの衝動が消える。女性が性行動を変えると多くの不快な現象が起きることがある。大抵は性的欲望を抱くにはもっと時間がかかるようになる。更に性的禁欲は性行中に痛みや不快感をもたらす体内での愛液分泌の低下という 現象をもたらす。オーガ二ズムに達することも困難になることがある。しかしこれらの問題は解決可能なので悲観することはない。前戯を長くしたり、クリ二ングスをしたり、どの薬局でも入手可能な潤滑液を利用するのが推奨できる。

性的禁欲は尿管や膀胱の腫瘍などの病気を引き起こすことがある。

男性にとっては性的禁欲は勃起不全や射精不全などの問題を引き起こすことがある。

一般的には性的行動を再開すれば、このような問題は自然に消滅する。 

性的禁欲によって男性も女性も機能が低下する。ノイローゼや鬱病や攻撃的になることの約60%は性的禁欲に原因する。

アメリカの科学者の研究によれば、性生活の欠如や興味を失うことは人間を犯罪に走らせることがあり得るとされる。

性欲を抑制することは血液の集中やホルモンのバランスを崩すことにつながる。その一方で望まない性行動は心理的な問題を引き起こすことがある。

なるほど性的禁欲を恐れるがために見知らぬ人間とセックスをするべきではない。自分が欲するものを自分で否定してはいけないということだ。