Long_sex_life

いつまでもセックスで若々しくいること

 

どうしたら長年にわたってセックスで若々しくいられるのでしょうか?

 

これは強いセックスの代表であるような人でも悩ましい問題です。年齢とともに男性の性欲は減退します。又、男性は勃起に影響を与える年齢から生じる様々な病気にかかります。勃起に関する問題のほとんどはさまざまな要因によって生じる一時的な現象で、その要因を以下に列挙してみましょう。 ここで重要なことはこれらの問題は極めて解決可能でほとんどの男性に起こりうるということを理解していくことです。

 

そうすれば合理性のない疑念が強くなった時でも、自分のセックス能力に関して疑念の悪循環に陥らなくて済みます。

 

▪ 定期的にセックスをすることが必要です。

男性が信頼できる決まった相手と定期的にセックスをすれば、持続的な満足感を得られるだけでなく、年をとっても勃起の問題を起こすリスクを軽減します。しかし過剰に「積極的」になってはいけません。過剰な性行為は、人生の他の部分に割ける時間やエネルギーが足りなくなったり最悪の場合は鬱病を誘発するような悪影響を与えることもあり得るからです。

▪ スポーツをしましょう!

その通りです。スポーツは血液の循環を良くし、体重過剰(健全な勃起の妨げになる)になるのを防止します。 現代の男性は座った状態であまりに多くも時間を過ごします。机やコンピューターの前に座ったり、テレビを見たり、車を運転したり公共交通機関を利用したりさまざまです。座って時間が長く動かないので8人に1人は勃起に関する問題を抱えています。運動退行はしばしば生殖能力や勃起不全につながります。そうならないためには長時間座ったままでいないでスポーツをしましょう。自分の仕事が座ってする仕事ならば2-3時間ごとに10分間競歩をする位の休憩を取るべきです。 しかしスポーツの全てが男性の性機能に良い効果があるとは限りません。 座位のスポーツ、例えば漕艇やチェスなどは高齢になるまで性機能を維持する助けにはなりそうもありません。珍しい過激な運動も健康には逆効果を及ぼすこともあり得ます。ストレスや緊張により支配されやすい男性の神経システムは勃起不全の高いリスクに直面しています。プロとしてスポーツをやるのではないことを銘記しておくことが大事です。運動選手もしばしば健康に関する問題を抱えています。悪い習慣をやめましょう!喫煙者の血管はスラグや塊で詰まっているので、血圧上昇で血液循環を悪化させ勃起不全の問題につながります。1日に1箱以上タバコを吸う人は勃起不全のリスクが60%まで上がります。アルコールも勃起に影響します。アルコールは勃起を達成する肝臓で作られる体内の男性ホルモンを減少させ始めます。ワインを毎日600グラム飲めば勃起の問題だけでなく、他のさまざまな病気につながります。アルコールは精子の構造を変化させ、究極的に男性の生殖能力を失くすことにもつながりかねません。

▪ ズボンのポケットに携帯電話を入れない!

携帯電話をポケットやベルトの中に入れていた男性はたった1年間で精子機能が20-30%低下したという研究結果が出ています。携帯電話は、話さなくても受信音などもこの影響があるので注意が必要です。

▪ 食事に気をつける

正しい食事を摂ることは重要です。身体は一定量のビタミンとその他の成分を摂取する必要があります。 その他の要素とは特に男性に必要な成分、例えばセレンとか亜鉛を指します。これらの成分を過剰摂取しないことも重要です。 体重過多は血液をペニスに供給する性動脈硬化症を起こす動脈の変化につながります。 血管が厚くなると清浄作用が悪化しペニスへの血液の供給がしにくくなり、性的興奮の際に血液供給が不可能になります。高カロリー食を40年間続けていると、勃起能力を急速に減少させる糖尿病を起こすことがあります。 夜には多く食べるべきではありません。食後はオーガ二ズムの後と同じように、体内で満足感を得たセロトニンという成分が分泌されて眠くなります。一般的には体重を増やさずに満足感を得られる量の食物を食べることが望ましいとされます。

▪ 温度に注意

寒さに身をさらしたり極端に熱いあるいは冷たい入浴を避けましょう。過度の冷暖房は前立腺の慢性的な病気につながることがあります。適当な下着を履いて性器を暖め過ぎたり冷やし過ぎたりするのを防ぎましょう。性器を暖め過ぎるのは冷やし過ぎるのと同様に前立腺の慢性的な病気につながります。 これはテストステロンホルモンが減少するからです。

▪ ストレスを無くしましょう!

恒常的なストレスはインポテンツの多くの原因の一つです。残念なことに多くの場合人はストレスを避けることができませんので、ストレスと上手く付き合って行かなければなりません。

▪ 合成繊維材のきつい下着を履かない

▪ 健康に注意する 

短期間で治らない普通の風邪ですら勃起能力に悪影響を与えます。前立腺の病気や慢性的な性交によって感染する慢性的な伝染疾患病(淋疾、クラジミア、毛ジラミなど)も勃起の問題につながります。

▪勃起の問題を抱えている場合はすぐに医師の診断を受けるべきです。

以上述べた簡単なアドバイスを守るだけで長年にわたって性生活を楽しむことが可能になります!