articleprematureejaculation

早漏

早漏は性行動の究極である射精を短時間でしてしまうことで、熟していない時点で射精してしまうことです。早漏は勃起不全に関する幅広い問題の一つで、男性は人生で少なくとも1回は経験するものです。主にペニスがワギナに挿入される前、あるいは直後に精液を発射してしまう症状はほぼ制御不可能な症状です。一般的には射精の問題はパートナー双方の不満足に発展し、男性は又失敗するのでは?という気持ちが 強くなるのものです。
射精は通常ペニスがワギナに挿入されてから1-3分以内に生じた場合は早漏だとみなされますが、もちろんこれはパートナーがオーガ二ズムを感じなかったという場合です。早漏はペニスの挿入なしでも起きることもあり、稀なケースとしてはペニスの勃起なしに起きることもあります。
成人男子の早漏にはどんな原因があるのでしょうか?よくある原因としては長期間の禁欲です。またストレスや失敗、短期間や深刻でない場合も含めて鬱状態も早漏の原因となり得ます。更に早漏はしばしばある種の薬物、特にホルモン系の薬物の服用によっても起こるので、男性は現在服用中の治療薬にも注意を払う必要があります。
又、このような性的機能不全はセックスのパートナー同士のコミュニケーション不足から生じる場合もあり得ます。
一般的には以下の異なる2種類の早漏の原因が挙げられます。
•中枢神経系統の変化
•ペニスの亀頭部の感覚を増す神経中枢周辺領域での変化
多くの性神経学者は、早漏の主要因は特に10代の男女の挿入行為で精神的に焦ってしまうことだと確信しています。更に、性神経学者たちは以下のような対人間の要因も挙げています。即ち性的関係、性的葛藤、パートナー同士の信頼の欠如などです。
大部分の場合は早漏の問題は時間が経てば自然と解決します。この自然解決を助けるのに医師は喫煙や飲酒を控えることを勧めます。更にペニスの敏感性を抑えるのにコンドームの使用を勧めています。
射精を遅らせるのに手助けとなるさまざまなテクニックがあり、医師はその一つを患者に勧めています。更に、医師は心理療法を用いてセックスに対する心理的態度を変える方法で対処することを勧めます。
医学的療法も大いに実践されています。ペニスの敏感性を抑えるのは早漏治療の主な方法の一つです。
勧められる治療法のほとんどは性的興奮のスピードを遅らせることを目的としています。時には心配を和らげるのに抗鬱剤やセロトニンという精神抑制物質が選択的に使用されることもあります。たまに男性は感覚麻痺クリームを利用することもありますが、こういうクリームはパートナーの感覚も鈍くしがちです。
又、ペニスの感覚を麻痺させる内視鏡を使った治療法もあります。ある種の手術の後で患者はペニスの亀頭部分の麻痺を感じ、時間が経過すると正常な射精反応が形成されて、将来的には患者が性交時間をコントロールする手助けになります。包皮と亀頭の敏感さは6-8か月間持続します。
お分かりのように、治療法はたくさんあるので早漏の問題に悩む男性は絶望せず医師の診療を受けて解決方法を選ぶべきです。