HeterosexualAnalsex

異性間の肛門性交(アナルセックス)

  アナルセックス (ラテン語由来のānus「肛門の穴」)、肛門性交とは、人間の性行動の一種で、男性器またはディルドを肛門へ挿入する行為です。
  異性間の肛門性交はラテンアメリカの国や東洋で主に広まっています。東洋では女の子が結婚する前に処女のままでいる必要があったことによるものです。南米のカトリックの女子の場合には、避妊具を使用することが禁止されているからです。夫婦の大半は新しい興奮を求めて肛門性交をします。或るカップルは望まない妊娠を予防するために、或るカップルは女性が生理中であるので肛門性交を行います。
  多くの人は一生に少なくとも一度の肛門性交の経験をしたことがあり、多くのカップルは定期的にそれをしているという事実があるにもかかわらず、インターネット以外に肛門性交に関して詳細を見つけるのは容易ではないでしょう。肛門性交をしようとすることを決めた場合は、それについてできる限り多くの情報を調べることは非常に重要です。
 

肛門性交について知るべき情報

まず第一に、多くの人々には肛門性交は下品で動物の性交みたいだと考えられていますが、実際には肛門性交は、女性が性的パートナーを信頼することの顕れ、及び女性に対して男性の慎重かつ丁寧な態度であることが判明することができます。ですから、肛門性交を試してしみたい場合には、信頼できる永久の性的パートナーとそれをしたほうがいいです。それは生理学の面でも非常に重要です。女性は性的パートナーを信頼していない場合、緊張したり、恐れたりしている場合、括約筋は本能的に収縮して、膣にペニスを挿入しにくいということもあるでしょう。
  女性が肛門性交を実践したことがない場合、最初は指刺激またはアナル舐め(リミング)だけで済みます。これはパートナーが新しい感覚に慣れ、リラックスできるのに役に立ちます。
  肛門性交の場合、ほとんどの薬局で売っている肛門性交用の潤滑剤を多量に使用する必要があります。肛門自体だけではなく陰茎にも塗るべきです。
  肛門性行は急いで行うではありません。ペニスを徐々に挿入し、相手が痛みを感じる場合は、直ちに取り出する必要があります。
  痔や消化不良(便秘、下痢)がある方は肛門性交を控えることをお勧めします。
  コンドームを使用してください。第一に、安全性的見地のためです。第二に、通常、女性は性的パートナーを汚すのを恐れるので、緊張し、肛門性交からの喜びを得ることができません。コンドームを使用することは女性を落ち着かます。第三に、膣性交に移行したい場合、トイレに駆け込む必要はなく、単にコンドームを脱いで続けられます。
  嫌悪感が起こる可能性がありますので、多くの人は直腸に浣腸を与えるお勧めします。しかし、頻繁な浣腸の使用は、腸管微生物叢を洗い出し、直腸の組織を刺激するため浣腸の乱用を避けてください。一般的に、頻繁に肛門性交を実践することは奨励されません。
  上述した指示に従うと、健康への害がなく肛門性交を行うことができます。 
 

バイアグラ・レビトラ・シアリス購入する