sexandsexualityafter60

60歳からの性交と性欲

 マーク・トウェインが言ったように、性的関係は、楽園にまだありませんので、この世の快楽の中で人間に最も大きな価値をもたらします。
 ロシア文学の父、A・プーシキンは「恋に年齢など関係ない」と書きました。しかし、ほとんどの場合には、活動的な性生活といえば積極的な若者を連想します。では、何歳で性生活をやめばいいのでしょうか?または、一体、性生活をやめることは必要であるのでしょうか?
 『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』医学雑誌では、57〜85歳の3000人のアメリカ人が参加した調査に関する報告書が発表されました。その調査の結果によれば、性的活動の重要な要因は、年齢ではなく精神的態度です。年齢とともに性欲が低下し、勃起不全が起こる場合が多いですが、性欲は心の状態によって大いに決定されています。

研究によれば

 研究では、高齢にもかかわらず性的活動を送り続ける夫婦は性的活動をやめた夫婦より幸せな関係にあることが明らかになりました。性科学者は、60代の人々には性生活は非常に重要であることに気が付きました。2004年の総合的社会調査の結果に基づく研究が行われました。回答者の間では65歳以上の238組の夫婦が参加しました。結果によれば、調査の開始前に1年の間に性行為(肛門膣、口腔、膣の性交を含めて)がなかったカップルは自分自身を幸せな人であると考えているカップルは59%を占めました。この率と比べると、まだ定期的に性的交渉を持っているカップルの間で自分自身を幸せな人であると考えているカップルは80%です。しかし、その調査は、夫婦が性的に活発であるから幸せを感じているのか、それとも幸せな夫婦であるので性的に積極的であるのかを明らかにしませんでした。しかも、旧ソ連の高齢者の状態を判断することも困難です。
 結論は、高齢者の性行為は異常なことは何もなく、その上に、幸福な家庭生活を証明するということです。
古代中国の教育道教によれば、高齢でのセックスは役に立ちますと言いました。道士は、セックスが肉体の老化プロセスを遅らせ、平均寿命を延ばし、調和のとれた良好な 関係を築くと性欲が増加すると考えました。ところで、現代の科学者たちも 高年齢での性的行為は長生きの要因だと考えています。ロンドンでの最後の老年学の会議中に或る研究の結果が議論されました。10年間にわたって、45〜59歳の男性の918人が観察されていました。研究が終了した後、1ヵ月1回または全くオルガスムに達しなかった男性の死亡率は 1週間2回以上オルガスムに達した男性よりも高いことが判明しました。
 高齢者に性的行為の影響を研究した多くの医学者は、それは男性に対する好ましい効果を与えると述べました。
 しかし、男性の性的行為を制限させるずいぶん客観的な理由もあります。非常に頻繁に性欲は生理的閉経のために低下します。閉経後の女性では、 腟粘膜が薄くなり、性交は不快になる可能性があります。性行為は、多くのエネルギーを必要とし、脳にさらなる負担をかけ、心臓や血管により過酷な労働を強いるので心臓発作の確率の増加につながります。男性はしばしば前立腺関連の問題を経験するので性的能力が弱まり、勃起不全が起こります。性的能力を維持する要因の一つは、生殖器系の本来の特性です。
 長年にわたって性生活を続けるために、健康な生活を送り、ストレスを避け、健康的な食事を維持し、十分に睡眠を取り、筋緊張や精神活動を維持し、たばこ・お酒・麻薬を控えてください。もう一つの要因は、男性の精神的態度です。楽観的な態度を取り、小さなことを心配しないでください!人生の楽しい瞬間を大切にしましょう!

バイアグラ・レビトラ・シアリス購入する