pills_for_ED

ED治療薬・ED改善薬について

 

ED治療薬の禁忌や副作用

 

ED治療薬を使用して性生活を元に戻ろうと決断した男性は、まずどの薬品を選び方に関して医師に相談するのが一番です。この記事でED治療薬の主な副作用と禁忌について表示します。最も有名なED治療薬は間違うなくバイアグラです。バイアグラの有効成分はクエン酸シルデナフィルです。クエン酸シルデナフィル50mgと100mgの錠剤が販売されています。. 

使用上のご注意

 クエン酸シルデナフィルは勃起不全(勃起障害)に使用されている医薬品です。

 禁忌項目

以下に当てはまる項目があれば、シルデナフィルの使用が禁止となります。

― 本剤の成分に対し過敏症

―  硝酸剤あるいは 一酸化窒素(NO)供与剤との併用禁忌

―心臓病、鎌状赤血球性貧血・多発性骨髄腫・白血病のある方

―18歳未満の方

 

クエン酸シルデナフィルの副作用は以下のとおりです。

 

一時的な頭痛 、めまい、 腹痛 、 色覚異常、色覚障害、消化不良、鼻づまり、顔面紅潮

 

相互作用

有効成分の活性化などのについての情報を把握した上で、ED治療薬のバイアグラ、シアリス、レビトラなどを購入してください。

ケトコナゾール及びエリスロマイシンはシルデナフィルの濃度を高めて、クリアランスを減少させる効果があります。

シルデナフィルはニトロプルシドナトリウムの抗血小板効果を向上させます。

シルデナフィルはACE阻害薬やβ遮断薬との併用は危険です。服用方法や禁忌項目を守れば、パートナーと一緒に充実した性交を楽しむことが出来ます。服用方法や禁忌項目を守れば、パートナーと一緒に充実した性交を楽しむことが出来ます。

ただし、禁忌項目を無視すると、悲劇な効果に導く可能性もあります。

 

用量

 

性行為の1時間ほど前に、クエン酸シルデナフィルを服用してください。成人男性の方の1日当たりの用量は50mgです。効果をアップさせるために、用量を100mgまで増加可能です。但し、一日の最大服用量100mgで、それ以上の服用は体に危険を及ぶ可能性があるため、禁止されています。

 

他に広く知られているED治療薬の有効成分はバルデナフィルです。バルデナフィルはレビトラをはじめ、様々なED治療薬の成分となっています。

 

使用上のご注意

 ED治療薬は勃起不全で苦しむ成人の男性の使用のみとなります。

 禁忌

 

― 成分に過敏症

― HIVプロテアーゼ阻害剤( リトナビルやインジナビルなど)との併用禁止

― 硝酸剤又は一酸化窒素(NO)との併用禁止

― 先天的にQT間隔が延長している患者

― 発性骨髄腫、白血病、鎌状赤血球性貧血などの持続勃起症の素因となり得る疾患

― 肝臓病患者

― 陰茎の解剖学的変形のある患者

― 18歳未満の方

副作用はほとんど引き起こさないところがバルデナフィルの主な特徴です。主な副作用は一時的な性質なもので、すぐのなくなります。

 

ワルデナフィルの副作用

頭痛、顔面紅潮、消化不良、吐き気、めまい、鼻づまり

 

まれですが、以下の副作用が出ることもあります。

 

ほてり, 顔面浮腫、高血圧、心悸亢進、頻脈、低血圧、起立性低血圧, 狭心症、心筋虚血、失神, 心筋梗塞、頭痛, めまい, 鼻出血、感覚鈍麻、光線過敏性反応、そう痒、発疹、発汗、γ-GTP増加、骨痛、背部痛、持続勃起、勃起増強(勃起時疼痛等)

 

バルデナフィルの相互作用

 

エリスロマイシン、ケトコナゾール、イトラコナゾールとバルデナフィルとの副作用の場合、ワルデナフィルを5mg以上の服用禁止です。

ケトコナゾールやイトラコナゾールの投与量は200mgを超えられないようにしてください。インジナビルとリトナビルとの併用は禁止です。

 

硝酸剤又は一酸化窒素(NO)供与剤との併用により降圧作用が増強し、血圧を下降させることがあります。

 

α遮断薬との併用により低血圧あるいは起立性低血圧が出ることが報告されています。

α遮断薬の服用後およそ6時間で最大5mgのワルデナフィルを服用してください。

 

タダラフィルの用量

 

タダラフィルの推奨用量は20mgです。タダラフィルは食事の影響を受けにくいという特徴があります。タダラフィル少なくとも性交の16分前に服用してください。服用後およそ36時間の効果が得られます。服用間隔は24時間ほどあけてください。

 

タダラフィル相互作用

タダラフィルは主に薬物代謝酵素CYP3A4により代謝されます。

タダラフィルのAUC0-∞及びCmaxはそれぞれ107%増加しますが、リファンピシン88%低下させます。現時点、本格的な研究が行われていませんが、おそらくリトナビルとサキナビルなどのプロテアーゼ阻害剤例えば、エリスロマイシン及びイトラコナゾールなどのCYP3A4阻害剤によってタダラフィルの効果が活性化させます。

 

また、医薬品を服用する前に、必ず医師にご相談ください。