CialisorLevitra

シアリスとレビトラ

シアリスとレビトラはバイアグラにも劣らないほど効果的なED治療薬です。それぞれの効き方や効果持続時間が他のED治療薬とは多少違います。この記事でシアリスとレビトラを比較してみましょう。

まず、レビトラとシアリスの有効成分が異なるため、効果も異なります。

シアリスの有効成分のタダラフィルの持続時間は36時間です。これはシアリスの主な特徴です。バイアグラと比べてみれば、相当な差があります。バイアグラの有効成分のシルデナフィルは4-6時間持続する勃起が得られます。シアリスの効果時間で男性がほぼ三日間もED問題を忘れることが出来ます。シアリスを服用したら、素敵な休日を過ごすことが出来るため、ウィークエンドピルと呼ばれることもあります。

レビトラの有効成分はワルデナフィルです。バイアグラとシアリスに対して、レビトラの効果は8-10時間です。レビトラの服用後、持続的な勃起が得られます。

レビトラの主な特徴は良好な認容性です。他のED治療薬に比べると、レビトラは副作用が少ないといわれる薬です。レビトラは副作用が少ないですが、副作用が出た場合、何もしなくても数日で自然に解消されます。

禁止事項

以下に当てはまるものがあれば、シアリスとレビトラの使用は禁止となります。

-硝酸塩またはN(NO)が含まれている医薬品を服用している場合

-HIVプロテアーゼ阻害剤(ネルフィナビル、インジナビル、ホスアンプレナビル、リトナビル等)を服用している場合

-心血管疾患、肝疾患、腎疾患のある方

-18歳未満の方

ーワルデナフィル(レビトラ)又はシルデナフィル(シアリス)にアレルギーのある方

特定の疾患にはED治療薬は禁止なので、必ずかかりつけの医師に相談してから、服用してください。

用量

シアリスをはじめて使用する方は、10mgの1錠だけを服用してください。その後、20mgまで増加可能です。但し、20mg以上の服用は禁止です。シアリスの1錠を性行為の20分ー25分前に服用してください。

性的興奮がある場合のみ、効果が発揮されます。レビトラとシアリスは卵子と受精する能力に影響は与えません。

 

ED治療薬を選択する際に、当然のことながら、副作用に注意を払う必要があります。

シアリスの副作用

頭痛、消化不良、背部痛、筋肉痛、めまい、鼻づまり、紅潮、まぶたの腫れ、眼痛、結膜充血

レビトラには副作用は少ないですが、以下のような副作用が出ることもあります。

頭痛、紅潮、消化不良、吐き気、めまい、鼻炎。

ここでは、シアリスとレビトラの、考えられる副作用の一例を挙げたに過ぎません。シアリスやレビトラを購入する場合は、添付文書をお読みください。

このように、シアリスとレビトラの主な違いがその効果時間と認容性です。(レビトラには副作用はほとんどありません)。どちらのED治療薬も非常に効果的なので、患者の方に人気があります。

オンライン薬で格安かつ処方箋なしでレビトラは又はシアリスを購入できます。